片岡 : 株式会社ライクバード 代表取締役 片岡慎平

井原様 : イオンリテール株式会社 商品管理本部 モバイル事業部 事業企画部 担当部長 井原龍二様

片岡 :株式会社ライクバードの片岡です。当社のコンサルティング先で長期にわたってお手伝いをさせていただいた、イオンリテール株式会社で通信事業を担当されている井原さんにお越しいただいております。

依頼したプロジェクト支援とは?

井原様 :当社は小売業なので、基本的に店舗で物事を考えて、店舗発信でお客様を店舗に呼ぶ、店舗にいるのが大前提のビジネス。お客さんを連れてくるという行為がものすごく重要になってくる中で、従来の小売業では新聞折込チラシ、つまりマス向けのメディアに対しては得意なんですけど、それ以外で不得意な所があったので、そこに関して色々とご支援いただいて、オウンドメディアを軸にデジタルマーケティング全般の立ち上げや運用を軌道に乗せていくことを支援いただきました。 

当時のプロジェクトの課題とは?

片岡 :井原さんが当時がおっしゃていたのは、御社は知名度が高く、看板があるからこそ、基本的にはお客様はもう来るものであるということが社内での共通認識になっていた。お店に来たお客さんに対してどうビジネスを展開するという所が日々の戦略戦術を考える上での前提になっている。今度はインターネット空間の中でそもそもどうやってまずは知ってもらうかという所から着手していかなければないらない、なかなかそこに対しての社内の理解を得られないという所が課題になっているとおっしゃっていましたよね。

井原様 :そうですね。入口からお客さんがどういう風に入ってきているか、入口に入ってくる前にどういう行動をしているかの理解などが一切我々の中では検討できてなかった。

ライクバードの支援はどうでしたか?

井原様 :デジタルマーケティングの知見がそもそも僕らにはなかったので、デジタルマーケティングという文化を持ってきていただいて、それを実行できるように裏方でサポートしていただいた部分を含めて、僕らの持っている事業課題を総合的に、特にデジタルという目線で見てみていただけました。また、提言だけでなく、実行に移す際の現場メンバーとのコミュニケーション、進行管理なども対応いただくことで、確実に実行に移していくことができました。
事業スタート当初はデジタルに対して素人であり、知見がある人がいなかったので、上層部に対しての提案内容に説得力がなかった。そこに説得力のある人、片岡さんたちに入っていただいて、しっかりと見ていただいて説得していただたのが本当に良かったのかなという気がしています。
例えば、言葉一つとっても意味が分からない。「APIって何ですか?」って聞く所から入っていましたから。

片岡 :御社のグループ内にシステム管轄の子会社がありますけど、グループ内でもそのシステム会社の方が何を言っているのかよく分からなかったということで、間に入って通訳のような役割にもなっていたかもしれませんね。

井原様 :ECの立ち上げと通信ビジネスのためのシステム立ち上げが同時に必要だったタイミングだったのですが、実際に手を動かしていただくこともありました。

片岡 :通信契約者用のマイページが必要だという話になって、選定されたパッケージシステムで、マイページをWEBベースでスマホなどでお客様に見せることができるけど、デザインやHTML化などはそのシステム会社さんはスコープ外とのことで、どうしようってなった時に対応させていただきましたね。

井原様 :コンサルというよりは、ほんとにメンバーとしてできることを何でもやってもらった所があるので、本当に臨機応変に垣根なくやってくれたっていうのが片岡さんの動き方だった気がします。

ライクバードに依頼をした経緯は?

片岡 :大手コンサルティングファームとか有名なコンサルティング会社さんがある中で、まだ小規模な当社にご依頼いただいた経緯や、他社との違いは何でしょうか。

井原様 :経緯の所でいくと、実際のところ、片岡さんがまだ起業前のタイミングの時からでしたよね。「独立するんです。」「そうですか!じゃあ何か一緒にやりましょうよ!」と。

片岡 :そんなタイミングでしたね(笑)

井原様 :僕もちょうど新規事業としての通信事業と、そのためのECビジネス立ち上げを考えていたので、「今から新規事業を立ち上げるので、ぜひ手伝って下さい!」という所がスタートですよね。もともとシステム開発会社にいらっしゃる頃から、システムをどう作るかだけではなく、なんのために、どうそのシステムを使うか、ということを提案いただく方だと思っていましたので、我々の近くにいただければと思い、これはもう渡りに船だなと。