ライクバードと他コンサルタント会社との違いは?

井原様 :僕が個人的に思っている話でいきますと、コンサル領域のお仕事だけじゃなくて、僕らの現場の中にまで入ってきていただいて、コンサルの方でもあり、僕らの講師であり、いちスタッフとしても手を動かしてくれる。そこが他社とは決定的に違っていると思います。僕らでは足りない、気づいていないかゆい所に、これは業務対象外だから行わない、ということがなく発見し、議論した課題について、常に実行も伴って対応いただけたということが決定的に違うような気がしています。

片岡 :ハンズオン型ということですかね。

小売業のECサイトが求めるコンサルとは?

井原様 :大手コンサルティングファームや大手Slerなど様々な会社が入っているWEB、ECサイトは、たぶん大味になり過ぎている気がします。総合小売りと言われている所で成功している所は少ない。それは、もしかしたら、社内の風潮・風土で小売りというのが店舗中心で、WEBプロモーションというのは店舗とは切り離された世界のECだけに関係がある、と捉えてしまっていることが原因かもしれない。
だけどお客さんはもっと自由だと思っています。WEBでも買うし、店舗でも買うし、どこで買うかはお客さんは自由。それに対して、どういうアプローチが必要ですよ、みたいな所まで、たぶんコンサルはしてくれていない、うちを見ているコンサルは、WEBだとWEBだけで考える、それが店舗にも影響するんだという所までを提案してくれていない。
ライクバードさんは、当社は店舗中心なので、店舗でも売れる事を考えつつ一緒にWEBのプロモーションも考えてくれて、総合的にどういう風に全体として売上を上げるのか、WEBのマーケティングだったり、WEBサイトのポジショニングや作り方だったり、そういうところを見てきてくださいました。

片岡 :一方で御社、特に井原さんという、事業全体を見られている方から明確に課題を投げかけていただいたっていうのも大きいと思うんですよね。そうするとこちらとしても、それを軸に何を考えるべきかということを考えていきやすかったですね。

ライクバードの強みとは?

井原様 :新しい事業をやろうとすると、アイデアと実行力とお金がいります。
でも、良いアイデアと実行力がなきゃ誰もお金を出してくれない。そうすると、アイデアと実行力が重要になってきます。アイデアって実は誰でも結構持っているけれど、結果的に実行力がないので、みんなやれてない。この実行力がなく、実行するために必要なものがまたお金、お金以外に必要なものが手段とか、要するに何して良いか分からない、アイデアはあるんだけど、何して良いか分からない。
そういった意味では、アイデアは僕らは持っているんですけど、やり方が全然分からなかったっていう所が今の、まさに僕らの小売業だとそうかもしれないですね。
片岡さんは、投げかけていただいた事に対してちゃんと返してくれる、まさにその僕らが考えた事を実行しようとしたときに手段や方法を持ってきていただけたので、ツールであったり、人であったり、を用意してくれて、なおかつ一緒に汗をかいていただいた。

片岡:当社は戦略型というよりは戦術型・実行型に近いコンサルなのかなっていうのを今確信しました(笑)
今日はこうして改めて、これまでご支援させていただいたことを逆に井原さんからお話いただく事によって、うちはこういう所をご提供できていたんだなと、自分自身でも気づいてない点をお話いただけたかなと感じております。
本日はどうもありがとうございました。

井原様 :ありがとうございました。